<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
石木文さんの器について

 

石木文さんの器を知ったのは、今からもう何年も前。

ほいあん堂さんのお菓子をお取り扱いさせてもらった事が

きっかけでした(後で知ったのですがお二人はお友達だそうです)

ほいあん堂さんの瓢箪のお菓子が、石木さんの器にかわいく

のっていたのを見てから、ずっと気になっていた作家さんで、

器を購入しようと何度か挑戦しましたがお迎えできず・・

やっとお迎え出来たのはそのまた何年後の事。

 

そして、この度ご縁ができ、蝶と小鳥展に参加頂く事となりました。

皆さんご存知の通り、なかなか購入したくても出来ない器である事、

定価の数倍以上の値段で転売されている事もあり、お一人さま1点の

購入制限させていただきます。(納品数が40点から50点となるため)

作家さんがこれからも作品を作り続ける事が出来ますように、

どうかご了承ください、どうぞよろしくお願いします。